オーストラリア在住日本人の雑記ブログです。海外生活に興味ある方に有益な情報があるかも!?

中国経済のピンチについて

中国経済そして不動産をイメージする画像

 

 

中国経済のピンチについての要約!

  • 中国では未完成のマンションや無計画な都市開発が進んでおり、街の景観が乱れている。
  • 中国の都市部ではビルが密集し、地方都市でも建物が無秩序に建っている光景が見受けられる。
  • これは日本の土地バブル時代に似ており、規模の違いはあるものの、バブル崩壊と類似の状況であると指摘されている。
  • 土地価格の上昇により、日本ではバブル期に銀行から多額の借金が行われ、最終的に総量規制が導入されてバブルが崩壊した。
  • 中国でも同様の状況が起こり、銀行の不動産向け融資を規制する総量規制が導入され、資金繰りが困難になっている。
  • 中国の金融当局は、中国の不動産バブルが日本ほど深刻ではないため、早めに対策を取る必要があると認識している。
  • 中国の政治的な重要イベントである全人代が来年に控えており、中国当局はバブル崩壊を防ぐために動いている。
  • 全人代の前の年は、政治的なイベントに向けて国民の不満を解消するために景気を良くすることが求められる。
  • しかし、最近では不動産価格の上昇が進み、一般の人々が住宅を購入できないという不満が出てきている。
  • これまで成長に偏重した中国経済が転換点に差し掛かっており、一人当たりのGDPを見るとまだ大した成果が出ていない。
  • 特に都市部と地方の格差が大きく、戸籍制度などにより自由に住む場所を選べないため、地方の経済力向上が制約されている。
  • 急速な経済成長が進んだため、中国は現在転換期に直面している。
  • 中国では格差が広がり、所得水準もまだまだ日本に追いついていない。
  • 一人当たりのGDPは日本の1/5程度であり、大都市では一部の人々が豊かになっているが、田舎ではまだ貧しい状態が続いている。
  • 中国の経済が悪化すると、日本との違いを考えている。中国はバブル崩壊を起こさずに経済を調整しようとしている。
  • 日本では経済政策が経済の悪化に対してかなり影響を与えたが、中国ではその影響力はまだ不明確である。
  • 中国当局は共同富裕政策を進め、格差の縮小を試みているが、富裕層を叩くことで経済全体が悪化する懸念がある。
  • 中国は雇用創出など貧困層の問題にも対応しなければならず、舵取りは難しい。
  • 中国の独裁共産党政権は意思決定が迅速であるが、民主主義と異なるため専門家や多数派の意見とは異なる方向に進むこともある。
  • リーマンショック後のアメリカでは、対応が遅く景気が悪化した経緯があり、経済に悪影響を及ぼした。
  • リーマンショックではアメリカが救済策に遅れ、中国は早く景気対策を行って回復した。
  • 中国の先制主義と共産党の独裁体制は大きな影響を受けないとされており、中国はその点で自信を持っている。
  • 中国の不良債権の比率は減少しており、中国政府は不良債権の管理とバランスをどのように取っていくのかが重要である。
  • 長浜さんの見解が求められており、不動産価格の動向なども注目されている。
  • 不動産価格が上がりすぎた分は下げる必要があるため、中国は処理に取り組むと予想される。
  • 不良債権処理には注意が必要であり、日本の経験から分かるように金融機関への影響が大きい。
  • 中国は公的資金の注入による処理を行うことができるため、金融セクターに対しても公的資金が投入される可能性がある。
  • 中国は日本と比べて先手先手の対応が期待され、迅速な処理が行われる可能性がある。
  • 不動産業界の影響だけでなく、車の減産なども世界的な影響を受ける可能性がある。
  • 日本の経済対策には原則感が出ており、他の国と比較して不足している部分があると指摘されている。
  • 一方、中国は経済戦略において戦略物資への公的投資などを積極的に行っており、TPPへの加盟申請や台湾の加盟申請も行われている。
  • TPPは元々、中国を制約するためにアメリカや日本が協力して経済連携の枠組みを作ろうとしたものであり、中国がその対応策として動いている。
  • 中国がTPPに参加しようとする理由は、自身の経済連携や貿易の基準を形成し、自国の利益を追求したいと考えているため。
  • ただし、中国がTPPの基準に合致するのは難しく、全加盟国の賛成が必要であり、特にオーストラリアは反対する可能性が高い。
  • 現在、日本が議長国であり、毅然とした態度を取ることが重要であり、外務大臣の元木さんの対応も注目される。
  • 中国はTPPの基準を満たしていないため、自国の企業に優遇措置を取るなどして基準を満たそうとしている。
  • 一方で中国のデジタルエコノミーは急速に成長しており、その規模は日本のGDPを上回っている。
  • ただし、中国のデジタルエコノミーには独禁法などの問題も存在しており、注目されている。
  • 中国のデジタルエコノミーの成長は、資源や不動産の問題をカバーする可能性がある。
  • デジタル化による効率化は良い方向に進むが、電力消費量の増加や電力不足との関係も考慮される必要がある。
  • 中国はデジタル人民元の導入を計画しており、国全体でデジタル化を推進している。
  • 中国は先進国に比べてデジタルインフラが整っていない部分があり、デジタル化が容易に進行している。
  • アリババやWeChatなどのデジタルサービスは中国では欠かせない存在となっている。
  • 外国人が中国で口座を開設するのは大変であり、上限額や中国の銀行口座の所持が必要な場合もある。
  • 中国では電子マネーやモバイルオーダーが普及しており、デリバリーサービスも盛んである。
  • 中国ではオンラインデリバリーサービスの利用が一般的であり、Uberのようなサービスを利用した経験がある人が多い。
  • 日本と比較して、中国の庶民の生活では新しいデジタルサービスの利用が一般的である。
  • 中国ではRMBの普及により、企業間の取引やB2B取引もデジタル化が進んでいる。
  • 日本の業務効率に比べて、紙の台帳やFAXを使用していることから、効率面で日本は劣ると言われている。
  • デジタル化により生産性は向上するが、電力供給の問題もある。中国は必要に応じて電力を確保する能力があり、デジタルRMBも進展している。
  • 中国はデジタル通貨の普及を進めており、ビットコインを含む仮想通貨の規制や導入に取り組んでいる。デジタルRMBの導入により、現金の使用が減少する可能性がある。
  • RMBの普及により、企業間取引やB2B取引はデジタル化が進んでおり、紙の台帳やFAXを使用している日本と比べて業務効率が劣ると言われている。
  • デジタル化により生産性は向上するが、電力供給の問題も存在する。中国は必要な電力を確保し、デジタルRMBの導入も進めている。
  • 中国はデジタル通貨の規制や導入に取り組んでおり、世界で初めて現金を廃止する可能性もある。
  • 仮想通貨や暗号通貨はインターネットの発展とともに生まれたものである。
  • デジタル化による金融取引の流通性に注目し、株式や通貨をデジタル上で分割して使用できる仕組みを提案したが、いくつかの問題があり反発もあった。
  • 株式や通貨は中央集権的な性質を持ち、通貨発行権は国家にとって重要な要素であるため、独自の通貨を持つことを求める国も存在する。
  • 発展途上国や経済の弱い国では、国内での通貨の流通が制限される場合がある。
  • モンゴルでは独自の通貨「トゥルグ」があるが、実際には米ドルが広く使用されている。
  • 通貨発行は主権国家の権限であり、通貨発行権を侵害する行為は規制されている。
  • ビットコインは中央集権的な規制から離れ、分散化されたブロックチェーン技術を利用して本物と偽物を多数決で判断する仕組みを持つ。
  • ビットコインは分散化された仕組みであり、規制に対して強い抵抗力を持っている。
  • 中国政府はビットコインの存在とその仕組みを認識しており、デジタル人民元を推進する競争関係を作ろうとしている。
  • ビットコインに興味を持つ人は少数派であり、中国政府もビットコインの強さを認識している。
  • 通貨発行権は国家の重要な仕組みであり、金融政策を通じて経済を制御してきた。
  • 仮想通貨の台頭により、中央銀行界では問題が起こっている。
  • 中国などの一党独裁国では管理を重視する傾向があり、デジタル人民元の普及を促す意向が強い。
  • 日本の対中政策では、経済安全保障の重要性が注目されている。
  • 新設された経済安全保障担当大臣の役割や動きが重要視されている。
  • 日本政府は遅れを取っており、民間企業や産業育成に対して適切なケアが行われていないと指摘されている。
  • ロケット産業など特定の産業においても規制や部品調達などの課題が存在している。
  • ロケットの部品を製造する町工場など、技術力の高い小規模企業が存在するが、オーナーの高齢化や突然の死亡などのリスクがある。
  • 技術の継承や事業の継続について、問題が浮上している。
  • 高齢化により継承者がいない場合、廃業するという事例も見られる。
  • 事業継承をスムーズにするための枠組みや若い技術者の活躍を支援する仕組み、先端技術への補助などが不十分であり、中国への外注が発生している。
  • 日本では労働規制が厳しく、雇用の柔軟性や年齢差別の問題があるため、生涯現役の働き手が少なくなり、バーンアウトや早期退職が起こりやすい。
  • 雇用規制の緩和やデジタル化、人材の流動性の確保など、これらの問題の解決に取り組むことが必要である。
  • 労働効率化のためにロボット化が進んでいるが、安い賃金で働く人がいるため、例えばレジ打ちの仕事は無人化が進まない。
  • 外国人実習生制度の存在や最低賃金の引き上げよりも、嫌な仕事をやめる方が早いと主張している。
  • 中国人留学生が日本の大学で最先端の技術やデータを扱えるようになるという問題があり、技術の流出が懸念されている。この問題に対して取り組むべき時期が来たと考えられる。
  • 大学院が人材不足になり、中国からの留学生が減少すると、大学との共同研究などにおける優秀な人材確保に問題が生じる可能性がある。
  • 日本の技術者の給料が安すぎるため、大手企業では給料を安くても満足できない仕事をしている人材が存在し、優秀な人材の獲得に困難が生じている。
  • 雇用規制も技術者の給料上昇を制限しており、この問題は日本だけでなく、韓国でも優秀な人材が大企業において飼い殺しになるケースがあることが指摘されている。
  • 制度の変革により、人材の流動性が高まり、人材のミスマッチングが起きることがあり、日本では留学生に頼る状況が生じている。
  • 韓国では規制により、優秀な人材が大企業に固定されるケースが見られる。
  • 技術系の場合、アメリカなどではスタートアップでの仕事が魅力的であり、投資も集まりやすい状況がある。
  • 日本でもスタートアップやベンチャーへの投資が増えると、資金が集まりやすくなる可能性がある。
  • 高齢少子化の中で労働人口が減少し、人手不足が深刻化すると、経済の成長に悪影響を及ぼす可能性がある。
  • 日本は移民受け入れに消極的な傾向があり、外国人実習制度や技能実習制度などを通じて外国人労働者が活用されているが、搾取や不適切な労働条件の問題も存在する。
  • 特に一次産業において、外国人労働者が搾取されるケースが多く見られる。
  • アメリカの国務省は日本の外国人技能実習制度に対して改革を求めている。
  • 日本政府は労働人口の減少対策として、外国人労働者を安く働かせることではなく、ロボット技術や自動化技術への投資や産業の広がりに取り組むべきだと考えるべき。
  • リモート操作やロボット技術の活用など、インセンティブを与えて技術開発を促進するべき。
  • 外国人労働者を連れてくる場合は、正式な移民を検討するべきであり、移民政策を議論することも重要。
  • ロボット化や自動化への投資を推進し、労働人口の減少に対応するべき。

 

中国経済のピンチについてまとめ

中国では未完成のマンションや都市開発が乱れ、バブル崩壊の危機が指摘されています。中国の金融当局は早期の対策を認識しており、不動産価格の上昇や経済の不均衡などの問題に取り組んでいます。また、中国経済の転換期に立っており、成長に重点を置いた政策からの転換、そして都市部と地方の経済格差の解消が求められています。格差の縮小と貧困層への対策を進める共同富裕政策を実施していますが、その結果は未定です。

さらに、中国は先制主義と共産党の独裁体制を活かし、金融機関への影響を考慮しながら不良債権の処理に取り組むことが予想されています。また、デジタルエコノミーが急速に成長し、その規模は日本のGDPを上回る一方で、独禁法などの問題も指摘されています。

中国はTPP加盟を検討しており、戦略物資への公的投資を積極的に行っていますが、全加盟国の賛成が必要であり、その基準を満たすのは困難とされています。デジタル化の推進とともにデジタル人民元の導入も計画されており、デジタルインフラの整備とデジタルサービスの普及が進んでいます。

中国ではオンラインデリバリーサービスやデジタル通貨の利用が一般的であり、デジタル化が進んでいる。中国政府はビットコインを認識し、デジタル人民元を推進している。これにより、中国はデジタル通貨の普及を促進し、効率性を高めている。一方、日本では労働規制や高齢化などの問題があり、技術継承や事業継承についての課題が浮上している。特に、小規模企業や特定の産業、例えばロケット産業には課題がある。また、日本の技術者の給料は比較的低く、技術者の流動性を制限する雇用規制が存在している。これらの問題を解決するためには、規制の緩和やデジタル化、人材の流動性の確保、そしてロボット化や自動化への投資などが必要とされている。さらに、外国人労働者を正式に受け入れる移民政策についても議論が必要とされている。

 

この記事が良かったと思われる方は記事のすぐ下にある「SNSボタン」から拡散シェアを!!
このブログが気になる方はページ一番したの登録ボタン(Subscribe)ボタンから登録を!!
この記事の感想などは下記のコメント欄からお願いしま〜す。
m(_ _)m

関連記事